オリジナルイベント

original event
静岡県社会福祉協議会ふれあい基金助成事業
【高齢者・障がい者の旅行サポートを推進するための連続講座】

~旅で心と体を元気に~
“旅リハ”で培う要介護高齢者や障がい者の暮らしを楽しむ力

日時:2017年1月25日(水) 18時~20時 (開場17時30分~)

場所:下田市民文化会館 小ホール(下田市4-1-2 TEL:0558-23-5151)

講師:横浜市リハビリテーション事業団 横浜ラポール 宮地秀行氏

加齢や突然の病気で体に障害を負うと、生活が激変します。社会との接点が少なくなり、精神的にも自信を失いがちです。目標がはっきりと定まらないまま、リハビリを重ねても、生活意欲は一向に高まってきません。そんな時こそ、旅にでかけてみませんか?

「えっ、いきなり、しかも障がい者なのに!?」と尻込みされるかもしれませんが、2020年開催の東京パラリンピックも追い風となり、最近は障がい者や高齢者の旅行を受け入れる環境や支援体制が整ってきています。

横浜リハビリテーション事業団では、『旅リハ』を正式なリハビリプログラムと位置付け、2006年から脳出血等の後遺症で障がいを負った人達と共に、リハビリ専門スタッフが同行した沖縄旅行を行っています。『旅リハ』は、旅の準備段階やその道中で遭遇する様々な課題の解決方法を共に考え、実際に旅を楽しみながら体験するプロセスで、外出への自信や意欲を引き出す試みです。病院を離れてからの障がい者の生き方にも多大な影響を与えています。

定員80名
参加費無料
参加対象病院・リハ関係者、介護職員、観光業の方、観光や福祉行政関係者、住民等
問い合わせ・申込み高齢者・障害者の西伊豆旅行サポートセンター ラクタビスト ※連絡先は下記「問い合わせ先」参照
高齢者・障害者の西伊豆旅行サポートセンター ラクタビスト
電話/FAX0558-52-4730(NPO法人 みんなの家 内)
E-mail info@rakutabist.com


ユニバーサルツーリズムで地域活性化
~障がい者が障がい者の旅をサポートする神戸の事例に学ぼう~

日時:2017年2月22日(水) 14:30~16:45 (開場14時~)

場所:下田市民文化会館 小ホール(下田市4-1-2 TEL:0558-23-5151)

講師:神戸ユニバーサルツーリズムセンター代表・日本ユニバーサルツーリズム推進ネットワーク理事長
鞍本長利氏

『旅』を障がいのある人たちの観点から考えたのがユニバーサルツーリズム。障がいのある人にとって旅は最高のリハビリになります。しかし、旅は、障がい者のある人たち、そして同行する家族にとって、いつも以上に疲れるだけという結果に終わりがちです。これでは気軽に旅を楽しむ機会が遠のいてしまいます。障がいのある人も、同行する人にも、共に旅を満喫してもらうためには、受け入れる観光地側の創意工夫や連携がもっと必要です。

神戸では、10年以上前からユニバーサルツーリズムの取り組みを始め、さらには地元の障がい者がその担い手になるという、独創的な視点を持って活動してきました。具体的には、障がいのある仲間たちが取材・原稿作成を担い神戸ユニバーサル情報誌『びと』(季刊・各1万部・フリーペーペー)の発行活動、また仲間たちが講師を務めるユニバーサルツーリズム関連講座の開催や、神戸観光に来た障がい者を仲間たちが「コンシェルジュ」としてまち案内する等の取り組みです。

町のいろいろな人達がネットワークを結びながらユニバーサルツーリズムを推進していく中で、神戸という町全体が活性化していった事例について詳しく学びましょう。伊豆地域における、新たな観光による盛り上がりと地域活性化のヒントが見つけられるはずです!!

定員80名
参加費無料
参加対象観光業の方、介護職、観光や福祉の関係者、まちづくりに関わっている方等
問い合わせ・申込み高齢者・障害者の西伊豆旅行サポートセンター ラクタビスト ※連絡先は下記「問い合わせ先」参照
バリアフリーのことならおまかせ!
高齢者・障害者の西伊豆旅行サポートセンター ラクタビスト
電話/FAX0558-52-4730(NPO法人 みんなの家 内)
E-mail info@rakutabist.com

ラクタビスト ホームオリジナルイベント

「ラクタビスト」は、高齢者・障害者の西伊豆への旅をサポートする相談窓口です。

高齢者・障害者の西伊豆旅行サポートセンター ラクタビスト
電話/FAX0558-52-4730(NPO法人 みんなの家 内)
E-mail info@rakutabist.com

トップページへ戻る

もくじ/とじる